FC2ブログ

新津油田 小口鉱区 その2

前回の記事に引き続き、採鉱区に来た。

新津油田地帯金津(かなづ)鉱区では、
資料館や剥製(保存管理)設備が残っている。

が、この鉱区は、天然物(現役当時のまま放置)を見る事が出来る!
まさに、油田設備の宝庫なのだ♪

載せたい画像が100枚近く…
2記事にしようかとも思ったが、涙を飲んで1記事にまとめた(涙

IMG_3561_20170725132551b01.jpg
蔦の絡まる櫓が、現役当時の姿で残っている。

IMG_3671_20170725132959909.jpg
道跡と思われる場所から、山中へ分け入る。

しばらく登ると、「路肩注意」の看板を発見!
確かにここは、道路跡だ。

道路の面影は、ほぼ確認出来ないが…

IMG_3666.jpg
沢には、油送管を再利用した、橋が架かっていた。

古い油送管が、山になっている場所もあった。

IMG_3688_20170725133008452.jpg
「く」の字に折れ曲がった櫓。
一体、どれ程の力がかかったのだろうか?

IMG_3700_20170725133007216.jpg
長らく放置された鉄管に、幾重にも浮かび上がる錆び。
美しさを感じる。

IMG_3682_201707251333049c1.jpg
折れ曲がった櫓の下に残る、
油水分離用の木桶。

原油でコーティングされ、腐っていない。

IMG_3718_20170725133007e43.jpg
最盛期には新津油田地帯で、1,300本を越える井戸が掘られた。

井戸跡は、簡単に見つける事が出来る。
危険なので、安易に近づく事は出来ない。

なぜなら、管の周辺は「穴」になっているからだ!

IMG_3684_20170725133003c9b.jpg
上の画像の、本来の姿。

この辺りの井戸深度は、おおむね350m前後。
穴の大きさは、人間がちょうど入る大きさ。
そして「すり鉢状の口」…

万が一落ちた場合、すっぽりとハマリ、身動きする事が出来ない!
管が地中に残っていた場合、串刺し確定!

いずれにしろ、「死」しか待っていない。

現役当時、落ちた作業員が救出(回収)されたのが2年後!なんて話も…
(原油の噴出が終わってからの回収作業だった為)

IMG_3572.jpg
ポンピングパワーの伝達支点。

IMG_3698_20170725133007084.jpg
ポンピングパワーの分岐点。

1台のパワーユニットで、数10~100本程の井戸を動かしていたそうだ。

山中には多くの、「支点」や「分岐点」が確認出来る。
パワーユニットは残っているのかな?

IMG_3566_201707251334469c6.jpg
原油のくみ上げに使われたと思われる、1斗缶とペール缶。

IMG_3618_20170725133450bff.jpg
山頂に建屋を発見!

これはもしかして!?

IMG_3590.jpg
ビンゴ~!
パワーユニット建屋を発見!!

IMG_3611.jpg
何故か分解されて、放置されていたモーター軸。

IMG_3609.jpg
モーターの殻?(名称を知らない)

IMG_3602.jpg
なんと!
平成7年に通電試験がされていた!!

訪問のわずか17年前の出来事!(笑

IMG_3601_2017072513371987c.jpg
こんな小物も、ありがたいお宝だ♪

IMG_3603_20170725133717bbd.jpg
変圧器かな?

IMG_3592.jpg
大きなタンクがあった。

IMG_3595_20170725133719355.jpg
中には、「この世で無い物」は無かった!
良かった(笑

IMG_3676_20170725133304405.jpg
周辺には、様々な機械の残骸が、静かに眠っている。

IMG_3674.jpg
ワイヤー巻き上げ機かな?

IMG_3619_2017072513384097b.jpg
新たな建屋を発見!

IMG_3621_201707251338376ed.jpg
作業員の詰所跡みたいです。

IMG_3624_201707251338428e0.jpg
残る黒板には、各井戸の深度が記されていた。

軒並み300m越え!

落ちたら大変だ!!

IMG_3626.jpg
古い受話器だけが落ちていた。

IMG_3627.jpg
残る工具類。

IMG_3628.jpg
C77号井戸。
350m越えの深度。

木製の車が残っている。

IMG_3659_20170725134642a90.jpg
ポンプも残り、ほぼ完ぺきな形で残っている。

IMG_3660.jpg
ポンピングパワー分岐点。

IMG_3667_20170725134039852.jpg
大きな陥没を発見!

IMG_3670_201707251340361f0.jpg
ポッカリと口を開けた井戸。

落ちたら最後、絶対に発見される事は無いだろう…

IMG_3746.jpg
プレハブ小屋を発見!
木造以外は珍しい。

IMG_3748_20170725134041fa5.jpg
作業員の詰所だったようだ。

IMG_3728.jpg
ティラミスバーガーにヨダレを垂らし、
山を下りる事にしよう。

次は金津(かなづ)鉱区の記事を書く予定。(は未定…)




スポンサーサイト



記事を書く励みになります!ポチよろしく!
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ インスタグラムへ
毎日両方ポチると、当りが出るかも!?

コメントの投稿

非公開コメント

訪れた変態さんの数
プロフィール

まこちゃん

Author:まこちゃん
産業遺産が好き!
廃墟が好き!
廃れ行く物が好き!
特に坑道や隧道等の「穴」が好き♪
こんな変わった私ですから、
恥しくて、穴が有ったら入りたい!

そんな訳で!?
各地の産業遺産や廃墟等を
自由気ままに探検しています。
このページは主に、
廃鉱山・廃坑道・廃隧道・廃道・廃校等、
その一部を記憶と記録の為に
紹介していきます。
ただ、
画像アルバム化しそうな予感も(汗
だって、文章下手なもんで…

でも、
*このページは、廃墟探索等を推奨するものではありません。
*このページを参考にした行動等により、被ったトラブル・被害・損害等の責務は、一切負いません。
*場所により、身体・生命・社会的地位に、著しい被害を負う場合があります。

*絶対に真似をしないで下さい。
*画像の無断転載は厳禁です!
*転載希望はメールで連絡下さい!


sakunomukougawaアットgmail.com

*平成27年9月 マンホール追加更新
*平成27年5月 木製電柱追加

最新記事
カテゴリ
動画一覧 (1)
未分類 (25)
3.11 -2011.3.11- (2)
マンホール (2)
木製電柱 (1)
秘湯・迷湯 (8)
廃医院・医療系 (15)
草ヒロ (9)
その他廃墟系 (89)
北海道の廃墟 (3)
東北地方の廃墟 (36)
関東地方の廃墟 (10)
中部地方の廃墟 (37)
近畿地方の廃墟 (0)
中国・四国・九州地方の廃墟 (3)
廃校関係 (111)
北海道の廃校 (9)
東北地方の廃校 (38)
関東地方の廃校 (14)
中部地方の廃校 (41)
近畿地方の廃校 (6)
中国・四国・九州地方の廃校 (3)
廃隧道・廃道 (33)
五十島隧道 (1)
昭和橋 (1)
比礼隧道 (1)
黒部峡谷隧道 (1)
万世大路 (2)
間瀬隧道 (1)
東隧道 (1)
本尊岩隧道 (1)
会津街道 諏訪峠 (1)
へぐりのまんぼ (1)
地蔵隧道 (1)
中山隧道 (1)
中永隧道 (1)
高石隧道 (1)
角神橋 (1)
旧磐越西線 (1)
旧柴崎橋 (1)
越後七浦シーサイドライン (1)
東北地方 (36)
尾去沢鉱山 (0)
国立酒田米穀倉庫 (1)
大泉鉱山 (3)
○○○鉱山 選鉱・精錬場 (3)
田老鉱山 (4)
大葛鉱山 (1)
大蔵鉱山 (1)
松島海軍工廠 (1)
日正鉱山 (1)
現役石灰鉱山 (1)
鴇鉱山 (1)
谷口銀山 (1)
阿仁鉱山 (3)
高玉金山 (1)
小坂鉄道 (2)
切支丹洞窟 (1)
T○鉱山 (1)
大成鉱山 (1)
田川炭鉱 (1)
延沢銀山 (3)
青葉水力発電所 (2)
日本特殊鋼管大湊工場 (2)
松尾鉱山 (1)
関東地方 (19)
防空壕壁画 (1)
ニ。○○鉱山 (6)
沖の島 (1)
128○地 その1・2 (4)
足尾銅山 (1)
赤山地下壕 (1)
中島飛行機 地下工場 (1)
陶器製手榴弾 (1)
鵜原火薬庫 (1)
茂原海軍航空隊 (2)
中部地方 (43)
高根金山 (2)
N○鉱山 (3)
五十島鉱山 (1)
石瀬鉱山 (1)
草倉鉱山 (1)
持倉鉱山 (4)
葡萄鉱山 (1)
K○鉱山 (5)
大府鉱山 (1)
M○鉱山 (2)
三○石鉱山 (1)
大沢鍾乳洞 (1)
間瀬銅山 (2)
春日鉱山 (4)
新発田油田 (1)
畑鉱山 (1)
久々利地下工場 (3)
三川鉱山 (3)
新津油田地帯 (6)
最新コメント
リンク
おすすめ(1日1回、ポチッてね)
探検の参考に♪

-天気予報コム- -FC2-